メールの敬語をやめる方法

更新

メールの敬語をやめる

メールを始めた最初の頃は紳士的な男性と思わせるため、敬語でメールするのが一般的です。
しかし、仲良くなってきたらタメ口友達口調)に変えた方が仲良くなれることもあります。

もちろん、いつのまにか自然に友達口調になるパターンもあります。
また、相手が最初からタメ口でメールしてる場合それに合わせていきなりタメ口でも問題ないと思います。

ここでは敬語をやめるメールの例文を紹介します。

敬語をやめる例文

敬語をやめる流れの一例です。

自然に変える

まず、敬語にタメ口を 混ぜたメールを送信

そういえば、ぼくのさっきのメール、敬語じゃないとこがありましたね。
ごめんなさい。
あ、敬語よりタメ口の方が仲いい感じがするし、よかったらお互いもう敬語やめにしませんか?

便利だからタメ口に

○さん、敬語でメールするのって、堅苦しくて疲れません?
文字数も多くなるし(笑)
よかったら、これから敬語やめませんか?
タメ口でメールして、○さんともっと仲良くなりたいな〜。

相手が年上の場合

○さん、ぼくより年上なんですから、敬語使わなくていいですよ〜。
これからタメ口でメールしてください。
いっそのこと、「○(自分の名前)、○○しろ!!」とか命令しちゃっていいですよ(笑)

↓

私だけタメ口だとアレなんで、じゃあお互いタメ口にしましょうか!

↓

じゃあ、お言葉に甘えてぼくも敬語やめますね。
これからタメ口でよろしくお願いします。
・・・じゃなくて、よろしくね!(笑)

これでいってみましょう!

ページTOPに戻る