メール返信のポイント(コツ)

更新

メール返信の基本ルール

ここではメール返信の基本について説明します。

挨拶を入れる

返信メールに挨拶を入れるとお互い気持ちいいものです。
あまり入れ過ぎると逆におかしいので、その日の最初の返信メールや、仕事や学校が終わった後のメールに1回ずつ入れるくらいでいいと思います。

最初は敬語で

メール交換の最初のうちは敬語を使った方が印象がいいようです。
仲良くなれば自然にタメ口に移行していきます。

こちらから話題を振る

出会い系のメールでは男性が話題を振って話を進める場合が多いです。
受身な女性がけっこういるので、何もしないと話が途切れてしまいます。
相手が話を広げてくる場合は別ですが、基本的にはこちらから話題を振っていくようにしましょう。

質問を適度に入れる

話題を振るのと似ていますが、相手がメールを返信しやすいように質問をしてあげるとメールが途絶えにくいです。
答えやすい簡単な質問や、相手の興味がある分野に関する質問をメールに添えましょう。
この質問はYES・NOでなく、言葉で答えるものの方が会話が盛り上がりやすいです。

ただし、質問し過ぎるのもよくありません。
1通の返信メールでいくつも質問したり、毎回必ず質問したりすると嫌がる女性もいます。
「?」マークを使わない自然な問いかけを使うといいと思います。
質問で話を盛り上げるも参考にどうぞ。

相槌を打つ

相手が質問に答えれくれたり何か発言したら、それをそのまま流すのではなく、うまく相槌を打って、コメントを述べたり、そのことに関する自分の情報を提示したりしましょう。
相槌は「すごいなぁ」みたいに少し大げさなくらいでOKです。

褒める

出会い系でメールをする時には、相手の女の子をとにかく褒めてあげましょう。
メールをしていると、何かしら褒めるポイントが見つかるものです。
それを少し強引にでも拾って、褒めるようにしましょう。

絵文字を適度に使う

携帯を使ってメールを返信している場合で相手が絵文字を使っている場合は、こちらも絵文字を使った方がいいと思います。
しかし、使い過ぎると鬱陶しがられることもあるので、抑え気味がいいと思います。

なお、30代以上の男性や絵文字を使わないのがポリシーという方は無理して使う必要はありません。

ページTOPに戻る